よくある質問

宅配クリーニングサービスご利用のお客様からよくお問い合わせいただくご質問について回答いたします。

宅配クリーニングご利用前

宅配クリーニングご利用中

スパンコールやビーズがついたカットソーなども対応可能でしょうか?

対応致します。通常料金の範囲内でお受けします。

カシミアなど高価な素材のものでも大丈夫ですか。

大丈夫です。カシミア・アンゴラ・アルパカなどの獣毛素材は、それに適したデリケート洗いを致しますのでご安心ください。

ソファーのクッションカバーはOKでしょうか?

クッションカバーやクロス、シーツなどは衣類ではありませんので、受付対象外になります。

海外で製造された衣類は洗ってもらえますか。

弊社では原則として(日本の会社が介在しない)海外製品のお取り扱いをお断りしております。ボタンなどの小さなパーツや縫製・染色強度など、商品に原因のあるトラブルの対処が難しいためです。また気候風土の違いから、海外では問題にならないことが日本ではトラブルになることもあります。しかしながらこれはケース・バイ・ケースであり、お客様から海外製品のリスクを十分ご了解いただけるならお取り扱いも可能ですのでご相談ください。

スーツは上下で1点ですか? それとも上下で2点になりますか?

上下で2点です。

クレジットカードが使えないとの連絡がありました。どのように対処したらよいでしょうか。

お支払い方法を代引に変更いただくか、一旦キャンセルするかのどちらかです。メール等で弊社までご連絡ください。

宅配セットの配送は時間指定が出来ないのですか。

郵便受けへの投函となりますので、お客様がご不在でもお届けは可能です。

宅配セットが自宅に届いたら、すぐに送り返さないといけませんか。

約1ヶ月を目安にご返送いただくようお願いしています。

賠償基準

独立行政法人 国民生活センターより抜粋

■賠償基準とは
クリーニング事故賠償基準(以下、賠償基準)は、扱った洗濯物に対してクリーニング業者が賠償責任を負う際に、公平・効率的に消費者救済を図るための基準で、賠償額算定の基本方式や特例、賠償額の減縮や支払い義務の解除の条件などを定めています。具体的な運用マニュアルもあり、内容の解説、事故の類型と責任分類例、賠償基準適用例が示されています。クリーニング事故があった場合、クリーニング業者が賠償責任を免れるためには、事故が他のものの過失であることを証明しなければなりません。クリーニング業者の説明で消費者が納得できない場合、第三者機関による調査を行います。クリーニング業者が、他のものの過失により事故が発生したことを証明したときや、次の場合には、賠償基準による賠償額の支払いを免れるとしています。(賠償基準第3条および第7条)

◦消費者が洗濯物を受け取るときに洗濯物に事故がないことを確認し、これを示す書面を交付したとき
◦消費者が洗濯物を受け取ってから6カ月を経過したとき
◦クリーニング業者が洗濯物を受け取った日から1年を経過したとき
■賠償額の算定
クリーニング業者が事故の賠償責任を負う場合の賠償額は次のように算定します。 賠償額=物品の再取得価格×物品の購入時からの経過月数に対応して別表に定める補償割合(賠償基準第4条)
■再取得価格
物品の再取得価格は、損害が発生した物品と同一の品質の新規の物品を事故発生時に標準的な小売価格で購入するために必要な金額です。バーゲン品など、物品の購入額が事故発生時における標準的な小売価格と著しく異なる場合で、これをクリーニング業者または消費者が明らかにしたときは、購入価格を基準として再取得価格を定めます。事故発生時に販売されていないために、標準的な小売価格が不明なときは、購入時の価格×消費者物価指数の上昇率とします。
■補償割合
補償割合は以下の手順で求めます。 ⑴表1の中の該当する「商品区分」から、賠償品の「平均使用年数」を調べる。 ⑵表2の中の該当する「平均使用年数」の行中から、賠償品が該当する「購入時からの経過月数」を探し、それをそのまま右にたどって、使用状況(A級、B級、C級)から「補償割合」を求める。 また、賠償基準第4条に示している賠償額算出方式は、洗濯物が「着用に耐えない」として、クリーニング業者が物品を引き取る場合(全損)のものです。事故の程度が軽く、物品を消費者が引き取る場合は、「価値が減少したが引き続き使用する」(部分損)として、価値の減少分を「損害率」として判定し、算出額に反映させます。損害率は、両者の話し合いで決めます。なお、紛失トラブルなどで、物品が手元になく、前述の算出方式が妥当でない場合には、次の方式を使います。 ◦洗濯物がドライクリーニングによって処理されたときは、クリーニング料金の40倍。 ◦洗濯物がランドリーによって処理されたときは、クリーニング料金の20倍。 (賠償基準第5条)
賠償制度画像1 賠償制度画像2
関連サービスのご案内
宅配クリーニングパック

お客様は専用バッグにクリーニングしたいものを入れて、送るだけ。商品パックは5着10着とありますので、ご要望にあわせてご利用ください。

コミコミサービス

宅配クリーニングパックに、1年間の保管サービスをつけました。クローゼットに入らない冬物や、お召しにならない衣類は、保管状態のいい倉庫でしっかりと管理します。

気持ちよく使っていただくために…
以下の衣類はお取り扱いしておりませんのでご注意ください。
毛布・着物・ふとん・革製品・合皮製品・ペット用品・カーペット・ぬいぐるみ・その他 泥汚れの激しい物など
また、これらに該当していなくてもお受けできないものもございます。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ